内臓疲労を回復する方法

内臓疲労をスッキリ回復させる指南書

内臓疲労の解消法は食事・生活バランスをみなおすこと

内臓疲労を回復させるには、やはり食べないことが一番です。
食べないだけでは何も解決しません。

内臓疲労の原因が間接的な要因だった場合は、全身を休ませる


内臓疲労は、様々な要因が絡み成立つものなので、断食しただけで収まらないケースもあります。間接的原因(ストレス、肉体疲労)の場合には、精神や体を休ませる事も必要です。


食事を抜いても、その時間ずっとパソコンやスマホに向かってゴロゴロしていて、かえってストレスがたまり、断食後の復帰食後に、ドカ食いをしているようでは、内臓疲労対策をとった意味がありません。


パソコン


間接的原因で内臓疲労になっていることがわかっている場合に、内臓疲労を取ろうと断食をする場合には、全身を休ませる事を視野に入れることです。


内臓疲労の解決には内臓を休ませること


内臓疲労の解決法には、内臓を休ませる事が一番いいので、胃腸に負担のかからない食べ物を食べるか、酵素ドリンクなどを飲む断食がお勧めです。


酵素ドリンク


ただ普段、甘いものを沢山食べているなど、食べる量の多い方は、血糖値が下がりすぎてしまう場合もあります。こうした事を防ぐためにも、一日中家に居るという事を前提で行なう方がいいでしょう。


内臓は中に消化物が入っていないと、傷ついた内臓だけでなく、他の体の細胞を修復に周りますので、体内の機能が改善されていきます。こうした時間を有効に使うため、普段内臓疲労が原因で冷えや肩こりに悩まされている方は、足湯やストレッチをしてみることもお勧め致します。


ストレッチをする女性


断食や食事の量を減らした後は、普段の食事量に徐々に戻していくための、復帰食を頂くことになります。この時に注意していただきたいのが、断食前と同じ食事をしない事です。


胃や腸は空の状態なので、食事の量や質を戻すと内臓に負担がかかってしまいます。復帰食は、お粥などの内臓に負担がかからないものを最低でも一日続けることです。


これを機会に内臓への負担を減らしたいという方は、復帰食(お粥)が終わった後も、脂ものなどを控え、食事の質を見直していくことです。


体に優しい食事にして、内蔵疲労を起こさない体作りを食事面から心がけることは内臓疲労解消法の近道になります。


食べ物に関する関心がおざなりになり、とりあえず何か食べておくという食習慣がついている方は、『とりあえず』をやめる勇気をもつことも解消法の一つです。ながら食べ、とりあえず食べる程、内臓を疲労させるものはないのです。